併用でお得

近年では、日本でも積極的に地球温暖化への対策がされるようになったことで話題になりました。
そのなかの1つが住宅の省エネ化を推進する減税制度やサービス制度となっています。
省エネ住宅と一般の住宅とでは日常のエネルギー消費量が変わってきます。そのため、多くの住宅を省エネ受託にするべきだと考えているのです。
なかでも多くの方が利用している制度が省エネ住宅ポイント制度や、省エネ住宅にするために行なう省エネリフォーム減税となっています。
省エネ住宅ポイント制度と省エネリフォーム減税は対象になるリフォームなどの条件がかぶっていることもあり、併用できることも可能になっています。
ここでは、省エネ住宅ポイント制度と併用できる省エネリフォーム減税について紹介していくので、一緒に利用してみるのもいいでしょう。
まず、省エネリフォーム減税は定められている一定の省エネリフォームなどを行なった場合に利用できる減税制度があるのも知られています。
省エネリフォーム減税制度の内容としては、リフォームで規定を満たした改修工事を行なった年の確定申告で省エネリフォーム減税の申請を行なうと工事費用の10%の額を所得税から控除されるようになっているので、実質10%の割引を受けられます。
このように、省エネ住宅ポイントと併用できるようになっている制度はいくつかあるので、一緒に利用してお得に省エネ住宅に建て替えたりリフォームしたりすると良いでしょう。